エンジニア日記

日々の開発あれこれ

Laravel Meetup Tokyo Vol.8に行ってきました 1/2

本日、「Laravel Meetup Tokyo Vol.8」に行ってきました。
セッションは2つあり、それぞれ内容を2回に分けて簡単にまとめます。
以下は1つ目のセッションです。
モジュール、DBのバックアップの大切さ、やり方についてのセッションでした。


Backing up with Laravel

ある日、いきなりサーバーが壊れた時にバックアップを同じサーバーに置いていると、
バックアップファイルにアクセスできずに痛い目を見る。
バックアップの方法は色々ある。

  • bash script
    • 自分で実装
  • Ottomatik.io
    • Backups as a Service
    • 有償
  • BackupPC
    • 無償
    • 設定がやや難しい

Laravelを使うならオススメのプラグイン

Laravel Backup

特徴

  • PHPモジュール(ファイル)、DBのダンプファイルをzipに圧縮して他サーバーやS3に保存できる
  • バックアップファイルが古いものを削除することができる(Cleanup old backups)
  • バックアップ失敗、バックアップファイルが随分古い、容量が大きいなどの時に通知を送ることができる(Send Notification)
  • インストールや設定が簡単

ドキュメント
https://docs.spatie.be/laravel-backup/v3/introduction

セッション資料
https://speakerdeck.com/freekmurze/backing-up-with-laravel-tokyo


その他

その他紹介があったプラグイン

  • Laravel Permission
    • ユーザーに権限や許可を簡単に付与することができる
  • Laravel Analytics
    • Google Analyticsの情報を取得できる
  • Laravel Responsecache
    • 同じリクエストをキャッシュし、レスポンスを早くする
  • Laravel Medialibrary
    • 画像ファイルなどの情報取得にEloquent Modelの記述形式で情報を取得できるようになる