エンジニア日記

日々の開発あれこれ

MacにGoをインストールしHello Worldをやってみた

Goのインストール

1
sudo brew install go

Goの開発ディレクトリ元となる GOPATH 環境変数を設定

1
2
3
4
export GOPATH=$HOME/github/go
export PATH=$PATH:$GOPATH/bin
echo 'export GOPATH=$HOME/github/go' >> ~/.bash_profile
echo 'export PATH=$PATH:$GOPATH/bin' >> ~/.bash_profile

開発元ディレクトリに移動し、src/{プロジェクト名}ディレクトリを作成

Goではsrcディレクトリの下にどんどんプロジェクトを作成していくイメージ

1
2
cd ${GOPATH}
mkdir -p src/helloworld/

Hello Worldを出力するモジュールを作成

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
vi src/helloworld/helloworld.go

package main

import (
    "fmt"
)

func main(){
    fmt.Println("Hello, World!")
}

プロジェクト名を指定し、コンパイル

1
2
cd ${GOPATH}/src
go install helloworld/

コンパイルが成功すると、srcディレクトリと同じ階層にbinディレクトリが作成され、その中にバイナリファイルが作成される

1
2
3
4
5
6
7
8
cd ${GOPATH}
tree
.
├── bin
│   └── helloworld
└── src
    └── helloworld
    └── helloworld.go

実行

1
2
3
4
cd ${GOPATH}/bin
./helloworld

Hello, World!