エンジニア日記

日々の開発あれこれ

PHPの情報をコマンドから確認する方法

1
<?php phpinfo();

をindex.phpに保存してブラウザからアクセスという方法を取らなくても、
コマンドからPHPの情報を確認する方法を纏める。

  • phpinfo()を実行
1
php -r 'phpinfo();'
  • phpinfo()の出力
1
php -i
  • PHPのバージョンを出力
1
php -v
  • インストールしているモジュールを出力
1
php -m

Scrapy 各種コマンド

  • モジュール作成
1
2
3
4
scrapy genspider [モジュール名] [サイトドメイン]

例)
scrapy genspider hoge wwww.hoge.com
  • モジュール実行コマンド
1
2
3
4
scrapy crawl [モジュール名]

例)
scrapy crawl hoge
  • 実行結果の出力ファイル指定
1
scrapy crawl hoge -o /home/fuga.csv
  • デバッグコマンド
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
scrapy shell [対象URL]

例)
scrapy shell 'https://www.hoge.com/'


インタラクティブモードになる
以下を入力していく

>>>
import re
import mojimoji
from bs4 import BeautifulSoup
from urllib.request import urlopen

soup = BeautifulSoup(response.body, "html5lib")

soup
↑ 取得結果が表示される
  この後、DOMの取得コマンドを実行し、結果を確認していく
  • 文字化け時の対策
1
2
3
html_data = urlopen('https://hoge.com/fuga/').read()
html_data = html_data.decode('utf-8')
soup = BeautifulSoup(html_data, "html5lib")

Laravel 各種キャッシュクリアコマンド

  • 基本的なキャッシュクリア
1
php artisan cache:clear
  • configのキャッシュクリア
1
php artisan config:clear
  • ルーティングのキャッシュクリア
1
php artisan route:clear
  • viewのキャッシュクリアキャッシュクリア
1
php artisan view:clear

強力なキャッシュクリアコマンド

1
composer dump-autoload

Configのキャッシュファイル削除

config キャッシュクリアコマンドで消えない場合は描きファイルを削除する

1
2
cd laravel_project/bootstrap/cache
rm -f config.php

バージョンが古いXcodeを使用していて、iOSのバージョンアップ後、実機の動作確認ができなくなった場合の対応

アプリが最新のXcodeに対応していないため、古いバージョンのXcodeをしようしている。
iOSを最新にアップデートしたところ、古いXcodeには最新のiOSのDisk Imageがないため、
実機確認時に

1
Could not find Developer Disk Image

のエラーを出力し、動作確認を行うことができない。

対応方法

  1. 現在使用しているXcodeとは別に、最新のXcodeをインストールする。
  2. 最新のXcodeを右クリックし、パッケージの内容を表示
  3. Contents/Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/DeviceSupport/まで移動
  4. ここにDisk Imageがあり、対象バージョンのDisk Imageを古いXcodeの同じ場所にコピー
  5. 古いXcodeを再起動

上記の手順で実機の動作確認ができるようになりました。

Virtualenvでpython3に切り替える

フォーマット

1
virtualenv -p 【python3バージョン番号】 【envname】

コマンド例

python3.6に切り替え

1
virtualenv -p python3.6 venv

MySQL データエクスポートとインポート

エクスポート

ファイル名に現在時間をつけてエクスポート

1
mysqldump -h 【ホスト名】 -u 【ユーザー名】 -p 【DB名】 > 【ファイル名】_`date "+%Y%m%d-%H%M%S"`.sql

インポート

1
mysql -h 【ホスト名】 -u 【ユーザー名】 -p 【DB名】 < 【ファイル名】_YYYYmmdd-HHMMSS.sql

または

1
2
mysql -h 【ホスト名】 -u 【ユーザー名】 -p 【DB名】
mysql > source 【ファイル名】_YYYYmmdd-HHMMSS.sql;

その他

今どこのデータベースにつないでるか忘れたとき

1
SELECT database();